総データ化時代、リーダーに求められるスキルは「想像力」

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

急激な進歩を続ける人工知能(AI)は、いずれ人間から仕事を奪うのでしょうか。より適切な未来へ向け舵を取る責務を担うリーダーにとって、この疑問への解答は明確でなければなりません。つまり解答は、ポジティブな「イエス」であるべきです。

10年前、世界の時価総額ランキングは石油関連企業が上位を占めていました。しかし、ほんの10年ばかりの間に顔ぶれはアップル、アルファベット(グーグル)、マイクロソフト、フェイスブック、アマゾンといったICT関連の企業へと大きく刷新されています。この一事を見るだけでも、私たち人類の「働き方」は現在進行形で変容し続けていることは明らかでしょう。

もっと深いところまで歴史を紐解いて考えてみましょう。現代は「第四次産業革命」の時代であると言われますが、従来の産業革命においても、生物の仕事が機械に奪われるという状況は、何度も発生してきました。代表的な例が馬車と自動車の関係です。

生物の仕事は機械に奪われ続けてきた

1769年、世界初の自動車がフランスで発明された当初、周囲の人たちの反応が冷ややかだったことは想像に難くありません。実際、時速3キロしか出ないこの自動車は試運転中に塀に衝突して、パリっ子たちの物笑いのタネになったそうです。WHOの調査(2013年)によると、自動車事故による死者の数は1年間で約125万人にもなることがわかっています。

しかし現代に、「自動車を捨て馬車の時代に帰ろう」という議論が行われることはありません。人類は馬の手入れから解放されることで、自由な時間と進化の速度を手にしたのです。

同様に、それまで農村部に集中していた人口が都市部に集約した結果、人間は実に多種多様の職種を手にしていることにも注目すべきです。日本人の肩書きが複雑すぎて外国人には理解不能(たとえば次長と課長はどっちが偉いの?)なことは笑い話ですが、テクノロジーや芸術文化、その他、様々な分野でこの100〜200年の間に多くの新しい仕事が生まれ、史上類のない速さでの発展が観測されたことはまぎれもない事実でしょう。

人類史は、政治ではなくテクノロジーの観点から言えば、新たな技術の台頭によって仕事を奪われた人間が、もっと新しい価値を生み出すために別の仕事を始めようとする日常的な営みの連続であると定義することができます。

それではなぜ、AIから仕事を奪われることだけ、ことさらに危惧する必要があるのでしょうか。私たちは、「もっと良いこと」に力を注ぐ自由を手にする、そう考えた方がずっと生産的です。

現代を生きるリーダーの役割は、AIや機械に代替されない仕事にチームのリソースを傾けさせることです。たとえば、単純な数字の管理や計算などは、すでにアウトソーシングやコンピューターによる自動化が進んでいます。10年20年先を見据えれば、電卓を叩く速さやエクセルの関数を使う達人は評価されにくくなるでしょう。

人間にしかできない仕事とは何か?

では、AIや機械に代替されない、人間にしかできない仕事とはどんなものでしょう。

今度は、生物学の観点から考えてみましょう。地球を支配した人間と、他の動物との決定的な違いは何でしょうか。かつては「道具を使うこと」という定義がありました。ところが、小枝でシロアリを捕まえて食べるチンパンジー、絵を描くゾウ、疑似餌を水面に落とし魚釣りをするサギなど、道具を巧みに使いこなす知性的な動物は案外多いことがわかってきています。

近年、人間と動物を分かつ境界として注目されているのは、「想像力」です。たとえば、国。お金。会社。宗教。人間社会を構成する要素のすべては、実はすべてが概念的なルールであり、手にとって触って確かめることができないものです。

ひるがえって、第四次産業革命の特徴は、「すべてがデータ化される」ことにあります。データこそ、誰もその手に触れることのできない概念的なものの象徴です。人類は長い間、想像の中の何かを物理的なカタチにする作業、すなわちソフトをハードに置き換える仕事に重きを置いてきました。その状況はごく短い間に一変しています。

たとえばスマートフォンです。性能上のスペックは同等か少し劣っていたとしても、ソフトウェアの使いやすさ、デバイス間の連携を司るエコシステムが優れている方が利益がずっと多くなる状況は、ハードウェアよりもソフトウェア、物理的な価値よりデータの価値を上位に認識する現代人の感覚を如実に表しています。

おもしろいのは、テクノロジーの進歩の最先端において、より重要度を増しているのが、モノを作るよりも「コトを作る力」だと言うこと。人間を人間たらしめる概念を操る力、想像力であることです。図らずも人類は、AIに奪われる仕事の代わりにもっと人間らしさを発揮できる仕事を手にすることになるのです。

顕著な例のひとつは、GEのビジネスモデルです。GEは航空機エンジンを航空会社に販売することをやめ、航空距離(マイル)に応じて使用料金を徴収するレンタル事業を開発しました。初期コストを大幅にカットすることができるようになった航空業界にはLCCを初めとする格安サービスが続々と参入して、業界地図は短期間のうちに一変しています。起点となるたった1つの会社が、モノよりもコトを中心に発想を改めた結果、業界のみならず世界の常識は驚くほどの速さで更新されたのです。

こうした例は、近年注目を集めている海外のスタートアップの特徴にも共通します。ウーバーやエアビーアンドビーなど日本でも話題のサービスは自社で所有するインフラを持ちません。しかしその時価総額は、創業わずか10年足らずで、数兆円にも成長しています。まさに「データ」が「ネクストオイル」として市場にも評価されているのです。

30年後に迎えるシンギュラリティ(技術的特異点)に、価値を認められる仕事の大半は、現代人が未だ経験したことのない仕事のはずです。こうした大きなゲームチェンジは、第一次産業革命でも、第二次、第三次の産業革命時にも、発生しました。第四次産業革命時代におけるリーダーシップも、従来とは定義が異なるのだと認識して然るべきです。

すなわちそれは、今までにない概念を生み出す想像力。そして、想像力を発揮して従来にない働き方を模索するメンバーを正しく評価できる勇気と根気。AIに代替されることのない人間だけに託される役割は、自ずと明らかだと言えます。

フォーブス ジャパンで掲載された

Posted by whsaito

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

 

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!